tichiki’s blog

共働き夫婦世帯の楽しみと葛藤。仙台にて

全摘しました!

左乳房全摘完了。授乳を終えてぺったんこだった胸、無くなっても分かんないんじゃね?と思っていたけど、触れてみるとやっぱりあったものがない違和感はある。麦茶だと思って飲んだら水だった、くらいの。ん、違うか?

流産の摘出手術、帝王切開と、2度の全身麻酔経験があったので、手術は全く怖くなかった。最近の麻酔は凄いからな!と過信していた。うん、痛かった。
全身麻酔から覚めたとき、強烈な筋肉痛というか、左肩を車に轢かれたような痛みと悪寒。痛い、寒い、痛い、寒い、とうわ言のように弱音を吐くワタシ。立ち会ってくれたのが夫と義母でよかった。実母だったら我がことのように苦しんだことだろう。陣痛で苦しむ私を見ていられなかった、と言っていたし。そもそも分娩室に親を入れてくれるなよ日赤。というのはまた別の話。

それでも20分ほどで痛み止めが効いてきて、さらに筋肉注射による痛み止めを追加してもらったところ、痛みがフッと引くのと同時に眠りに落ちた。明け方に目が覚めてまたちょっと痛む。でもナースコールを押すのは緊張する。このくらいなら我慢できるか?いや、朝までは我慢できん!
というわけでドキドキしながらナースコールを押して飲み薬をもらったら、朝まで眠れた。
教訓。いらぬ遠慮や我慢は無用!!

ロキソニンと仲良く付き合ううちに術後の身体にも慣れ、運良く食欲も全開で入院生活(ノー家事ノー育児)を満喫している次第。
後から入院して手術を明日に控えた奥さまに、「健康でいいねぇ」と褒められた。もはや癌ベースからのこの会話、入院病棟ってすげぇ。
ハゲに帽子だけ、眉毛も睫毛もないノーメークの悪人面でも平気でウロウロできちゃうし。

あとは早くドレーンを抜いてもらってリハビリを始めたい。春が来るから。娘、保育園に通わせて、職場復帰も近いから。生きる。