tichiki’s blog

共働き夫婦世帯の楽しみと葛藤。仙台にて

手術前の抗がん剤は終了

FEC4回、アブラキサン4回で術前の抗がん剤を終了。来月手術することになった。抗がん剤が効いて腫瘍が小さくなったので乳房温存も可能と言われたけれど、昔から乳がんになったら全摘と決めていたのでそれほど迷うことなく全摘をお願いした。「子どもが大きくなったら寂しがるかなと思って」と再建を選んだ赤ちゃんママもいると病院で聞いたけれど、目先の面倒を思うとこれ以上入院期間を延ばしたくない。それに、そもそもほとんどない胸を失ったところでバランス崩すこともないだろう。思春期から結婚するまでずっとこの貧相な胸に泣いてきたけれど、ここで手放すショックを最小限にできるなんて、プラマイゼロなのね、とつくづく思う。

プラマイゼロ。
幸せで幸せで、怖くなったことがあった。夫は優しいし、お腹の子どもは出生前診断もクリアしてもうすぐ会える。ご飯は美味しいし、毎日たのしい。些細な幸せのようだけれど、本来なら授かるはずのなかった命まで授けていただき、2人で穏やかに暮らすはずだった日常に身に余る余禄が与えられた。正負の法則で言うと、代償を支払わなければならないのではないかと不安になった。
まさに、その代償がこの病気だったんだろう。

きょうも、小さな全身を私に預けてスヤスヤと眠っています。すべすべの肌も、ふわふわの髪も、母の特権で触り放題。ずっとずっと撫でていると、手のひらから幸せが染み渡る。そんな天使だけれど、命と引き換えにするわけにはいかない。この子の母親を失わせるわけにはいかないから。

深刻な副作用はなかったけれど、それでも抗がん剤の治療を続けたこの半年と、片方の胸を失う手術、術後のリハビリと育児、もしかしたら術後の抗がん剤。そのくらいの試練を代償として納めて貰えませんでしょうか、神さま。