tichiki’s blog

共働き夫婦世帯の楽しみと葛藤。仙台にて

マタニティマーク

お守りがわりに化粧ポーチに入れて持ち歩いているマタニティマーク。結局今まで使ったのは一回、優先席に初めて座ったとき。別に特別混んでいたわけではなかったのだけど、他に空きがなかったのでドキドキしながら座り、言い訳がましくマークをつけてみた。もう少しポールチェーンが長ければいいのに。

その後は使う機会がない。そもそも通勤バスはそんなに混んでいないし、帰宅や下校ラッシュに当たればマタニティマークなんて誰にも見えないし、先輩ママは「具合悪い時はちゃんと『譲ってください』ってお願いすればいいんだよー」と言っていたので、さりげなくマークでアピールって必要?というわけで。

そもそも地方都市の公共の交通機関には絶対的に高齢の方が多いので、よっぽど具合悪くなければ妊娠してるくらいで差し置いて座るのは無理(>_<)きょうも高齢者で満席の地下鉄で、むしろ気付かれて気を遣われないようにドア付近に立って病院へ。

とかいろいろ考えてみるけれど、無邪気にマタニティマークを付けたリュックを背負って楽しそうに検診に来ている若いプレママたちを見ると純粋に羨ましい。今しか着けられないアクセサリーだもんね。