tichiki’s blog

共働き夫婦世帯の楽しみと葛藤。仙台にて

幸福こわい病

美輪明宏の「正負の法則」を事あるごとに読んできたが、その内容を正しく理解していないとみえてただの「幸福こわい病」に陥っている。
かつて一緒に仕事していた気の合う先輩は4人の男の子のママだった。仕事もできて、可愛くて、ユーモアがあって、大好きな女性だった。彼女が言っていたのだ。4人目の子供がお腹に来た時、この子と引きかえに夫を失う、と予感したと。
子供の頃から「パパとママが死んだらどうしよう病」だった私が、今度は「夫が死んだらどうしよう病」に罹っただけなのだけれど、実際私が多くを望みすぎなんじゃないかと思ってしまう。
自分で住宅を購入する自由、優しくて手のかからない夫、ちょっと無理させても壊れない丈夫な体。それだけで十分なはずなのに、子どもを持つという夢にまで投資してしまった。
いま、お腹でまたピクピク元気に動いている。どうか健康で、幸せな人生を送って欲しいと祈る一方で、望みすぎ、求めすぎな自分が怖くなる。その正に対して払える負は、私にはこれ以上何があるというのだろう、と。

せっかくの健康と幸福を、素直に享受できる性格を目指すのだ。
沢田知可子よりドリカムに共感するわたし、、、想像つかないけどこのままじゃ損‼︎