tichiki’s blog

共働き夫婦世帯の楽しみと葛藤。仙台にて

民間療法

気功治療、わたしもやりました(´ー`)
繰り返す流産を心配してくれて、心の支えになってくださった年上の女性の勧めでした。
積極的に縋った、というより、せっかくのお気持ちだから、、、というほどの思いでしたが、まぁ、高い授業料だったかなと。幸いその間に病状が悪化するなどの話ではないので深く後悔する必要もないのだけれど。

ちょっと不思議な先生ではあった。
「治療中」に、双子の孫の写真を見せてきて自慢したり、「トシ行ってから生まれた子供って、やっぱりどこか変なんだよね」と言い出したり、妊娠判定を受けて「陰性でした」と報告したら「良かったね」と返ってきたり(ガン検査と混同?)アレ?と思うことが多かった。まぁ、全部個人の資質によるところが多い違和感ですが。でもだんだん不安になってきて、「あれ、赤ちゃんまで異物として取り除いたりしませんでしたか?」と疑ったりもした。

別に、騙して金を取ろうと思っているわけではないと思うし、本人や周りの人はその力を信じて「治療」に力を尽くしているんだろうと思います。実際、ベッドの上で全身に「気を送る」ために長い時間手をかざしてもらうと、なんとも癒されるというか、のんびりできた気が。
しかし、のんびりしてる場合じゃないケースは注意が必要でしょう。

結局ブランドバック1個買えるくらいの授業料で先生とはお別れしたのですが、一回だけ、「花粉症で鼻づまり酷そうだね。どれどれ」と頭の上から「気を送って」もらった時は、不思議とさあっと粘膜の腫れが引いて、詰まっていた鼻水がさらさら流れ始めた時は、驚くというか笑ってしまった。

気功治療って、何なんだろう、、、