読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

tichiki’s blog

共働き夫婦世帯の楽しみと葛藤。仙台にて

一個だけの卵が胚盤胞に

結局一個しか採卵できなかった日から1週間。授精したかどうか電話で確認することもできたのだけれど、怖すぎて無理だった。「今回は、ダメでした」先生から何度も発せられたあの穏やかな口調を思い出し思い出し、それでも泣かないように、絶望しないようにと訓練する日々。
心が不安定なのだろう、訳もなく夫に腹が立って無視したり、ひどい態度で雰囲気を台無しにしてきた。震災から6年、また一番忙しい時期を迎えているというのに、労ってあげることもできない。本当にごめん。
それでも逆ギレするでもなく、食事を作って、片付けて、穏やかに過ごしてくれる貴方には頭が下がります。きっと、お父さんとお母さんから受けた愛情のおかげで揺るぎない「安定性」を持ったひとなのだ。親にも何度も怒られた私の「不安定」を、矯正しようとするでもなく、受け入れるでもなく、ただあるものとして扱ってくれる。私に必要な人だと、心から思う。

で、その夫は、一個しか採れなかった卵を「凝縮されてる。きっと」と評した。その卵が、胚盤胞になっていた。グレードも今までで一番。ちゃんと授精して、もう、男の子か女の子かも決まってるのだ。

年齢を考えると、妊娠はまだ可能だけれど採卵の可能性は下がる一方なわけで、今のうちにもう一度採卵しておくという手もある。どうするか、ご夫婦で話し合ってください、とのこと。また妊娠できなかった時に、「次がある」と思えるようにしておくかどうか。または、「兄弟がいたら良かったのに」と悔やむ日のために。
答えが出ないことばかり。

ただ、この経験が無駄だったなんて思わないように、夫への感謝をこうして書いておこう。それから反省として、死刑判決を受ける練習をするのはやめよう。「駄目だったら」「断られたら」「嫌われたら」そんなことばかり考える自分を卒業したい。七赤金星。昨年のどん底から抜け出し、この節分から9年間は好調だそうですから。