tichiki’s blog

共働き夫婦世帯の楽しみと葛藤。仙台にて

義父のスピーチ

結婚式には出られないほど既に弱っていたので、両家を代表する挨拶は私の父が頑張った。
4年前に亡くなった義父、スピーチが上手かったと初めて知った。
大勢の前で話すとき、誰か1人に伝える話し方を心がけていたという。もちろんその人をガン見するわけではなく、広く会場を見渡しながら話すのだけれど、この人、とターゲットを決めて話すのだ。
すると誰もが、私に話してくれている、という気持ちになるのかもしれない。

これ、ラジオも同じ。パーソナリティは普く電波の届く聴衆全部に話しているのではなく、時として、わたしに、話しているような気持ちにさせるメディア。
であってほしいと思うのです。
でも、「みなさんこんにちは〜」から始まる挨拶の多いこと。みなさん、なんてどこにもいない。語尾を伸ばして伝わる言葉なんかない。
何を勘違いしているのか。

と、「リスナーとして」苦言を呈すほどでもないわけで。

義父のスピーチ聞いてみたかった。