tichiki’s blog

共働き夫婦世帯の楽しみと葛藤。仙台にて

これも修行

会社のことなら何でも知ってる頼りになる総務のオバちゃんになろう、
と頭では思っても、後輩に「電球切れそうなんで替えてください」と言われてイラッとしないほど人間出来てはいない。
昔の総務部は怖いおじさんとベテランのオバさんだけだったから、電球ひとつお願いするのも緊張したものだ。

廊下に溢れて放置されたジュースをひとりで拭き取りながら、哀しくならないように気持ちをコントロールしなきゃならない。
ジュースならまだしも、誰かが放置した吐瀉物の処理をして、「消毒中」の張り紙を作って、、、うちの会社って、こんなに人に面倒かける人ばっかりだったかな?

でも、誰かがやらなきゃいけないから。現場でどれだけキャリアを積もうと、やっぱり誰かこのポジションには必要だから。

今は修行。もしもチャンスが巡ってきたら、この修行を生かして跳べるように。
と、頭で自分を納得させる。

こうして弱ってるタイミングで、赤ちゃんが産まれました!の、写真が送られてくる。
修行だらけ。生きているから、
生きているからね。